田原本町長 森あきひろの公式ホームページです。
新しい田原本三つの未来

活動報告

 

2019年4月1日

新しい時代への我々責任世代の役割

 

新しい元号は「令和(れいわ)」と決まりました。日本最古の歌集『万葉集』の「梅花の歌三十二首」の序文からの引用と学ばせていただきました。奈良に所縁のある『万葉集』からの引用に喜びが溢れています。

「令和」という新しい時代を良い時代にできるかどうかは、私達、責任世代の覚悟と行動にかかっています。後世を引き継ぐ子ども達に良い時代だったと言われるよう、まちづくりを進めて行きましょう。

 

さて、私が町長に就任する前は、公立幼稚園、私立保育園の選択しかない町でした。子ども子育て支援計画を策定するあたり実行したアンケートを拝見すると子育て世代の方々の声からは、選択肢のないことへのフラストレーションを感じました。

平成28年度から町立田原本幼稚園で預かり保育をモデル事業を開始、平成29年度から5つの公立幼稚園で預かり保育を開始、平成30年度も継続。

 

平成31年度は

町立認定こども園 平野幼稚園(幼稚園型)

小規模保育所 さわやか保育園

http://kashinokikai.com/

小規模保育所 すこやか保育園

http://kosodate-nara.com/sukoyaka/

 

を開設。合計68名の保育定員を増やしました。

それぞれに利用定員があり、全ての需要に応えるには至りませんが、今年の田原本には、町立幼稚園、預かり保育、私立保育園、幼稚園型認定こども園、小規模保育所、一時預かり保育、子育て支援拠点事業「つどいの広場」と選択肢が増えました。

 

この政策がどのように影響するか見極めながら、今後も課題解決に取り組みます。

  • 一覧へ戻る
  •      

友だち追加