田原本町長 森あきひろの公式ホームページです。
新しい田原本三つの未来

活動報告

  • 2021年7月29日

    定例記者会見の開催

    728日(水)令和3年田原本町議会第3回定例会が82日(月)から開会するにあたり、定例の記者会見を開催しました。

     

    今定例会は82日(月)〜16日(月)の会期日程となります。報告3件、補正予算1件、条例3件、契約締結1件、財産の取得1件、指定管理者の指定1件、人事1件、令和2年度決算認定を含む12議案の提出をさせていただいています。議会のご同意をいただけるよう丁寧な説明に心掛けていきます。

     

     

    令和2年度は新型コロナウィルスの影響が出てきた1年であり、定額給付金事業や支援事業、感染拡大防止策など思い返せば大型事業の相次いだ1年でありました。今までの町の課題を解決するためにスタートした事業も多くあり、財政負担増の心配もありましたが、バランスを取りながら進めてきた結果、単年度での黒字を確保することができました。

     

     

    しかし課題は山積しています。田原本町には多くの公共施設あり、その維持管理費用の問題、特に学校関係施設は数年前の耐震工事施工時にするべきであった大規模改修工事が適宜なされていなかったことから施設の老朽化が進んでいる現実も目の前にあります。

     

     

    町全体の将来の人口構造を見据えた公共施設再配置も検討に入っています。農業で栄え、大阪のベッドタウンで発展してきた田原本町も平成17年をピークに人口が減少に転じ、大勢の客で賑わっていたイオン(当時はジャスコ)が撤退、町内を縦横していた交通機関も撤退と時代とともに町の姿が変わらざるをえないのが現実です。

     

     

    そんな厳しい現実を踏まえながらも、住民の皆様には明るい未来を感じることができる田原本を実現できるよう努めてまいります。

友だち追加